株式会社ランデルズ 事業内容 会社概要 ランデル洋子プロフィール 著書の紹介 主な研修/講演テーマ ギャラリー お問い合わせ

ランデル洋子プロフィール

株式会社 ランデルズ
代表取締役 ランデル(春田)洋子 (Randell,ようこ)
NPO法人GICSS(ジックス)研究会 理事長
(Guide Interpreting & Communication Skill Studies Association)

名古屋市出身。南山大学英語学英文学科卒業。在学中、国際ロータリ財団奨学生としてノーザンイリノイ大学に留学。YMCA英語学校などの英会話講師を経て通訳ガイド、海外旅行添乗員・海外駐在員・ツアーオペレーター、一般通訳翻訳業務などフリーランスで幅広く活動。
1980年にバイリンガル人材の派遣会社を設立し、1992年まで代表取締役。外国企業数社の日本代表業務を兼務。一旦家庭に入って休業するが、その後、一般ビジネス通訳、通訳ガイドとしての現場業務をしながら現(株)ランデルズを立上げ、研修研究、執筆・講演活動、NPO法人主宰業務に携わる。日本を紹介する通訳ガイドの技術研鑽研究の基礎を築き、一方では国際プロトコルや、多様性対応コミュニケーション・スキルの研修など時代のニーズに応じた研修を提供し、大手企業の社員教育にも多く取り上げられている。

通訳ガイドとしてはインセンティブからVIPまで、自らも幅広い業務で活躍したが、新人通訳ガイドの養成にかけては日本の第一人者としての定評が高く、2000年には旧運輸省が全国で開催した「国際観光ワーキングセミナー」のメイン講師を務め、サミット会議他数々の国際会議や企業における国際化研修や講演を担当。2003年、異文化情報学博士号を取得。愛知万博では日本政府館のVIPエスコート国際接遇研修、アジア開発銀行年次総会の語学ボランティア研修などを手掛ける。特に国際観光インバウンドの通訳ガイド関連では、美しい英語と卓越した指導力で、楽しくわかりやすい講演&研修者として人気を博している。

※ニューヨーク録音盤を含む3枚のCDをリリースするジャズ・ヴォーカリストでもある。

オランダIntercultural Open University 2003年
Ph.D. in Intercultural Information Science 異文化情報学
吉川宗男教授の指導のもと研究活動と論文提出。シアトルのSIETARのSIICコースにも参加
英語検定試験1級/通訳案内士免許/一般旅行業務取扱主任者資格

著書の紹介※クリックしてご覧ください

MUPPET WIKIより
(アメリカの人気TV番組“Big Bird in Japan”に日本のツアーガイド役として出演) Yoko Haruta (春田洋子, Haruta Yoko), later known as Yoko Randell-Haruta and Yoko Randell, played the officious Japanese tour guide in Big Bird in Japan. Haruta is in fact a veteran tour guide and interpreter, and has lectured and written extensively on the topic of cross-cultural communications. She also performs as a jazz singer.